何時かはなるぞ、新車のオーナー

運転歴は間もなく30年になります。

その間、他人様の車を含めて様々な車種のハンドルを握って来ました。

しかし残念なことに、私は生まれてこの方、一度も新車という物に乗ったことがありません。想像だけの産物でしたが、新車とはどういう物なのでしょう。

最初に本格的にハンドルを握ったのは運転免許取得から実に5年以上が経過した頃でした。車種はトヨタの大衆車でした。知り合いが「車検に出す気は無いから」とタダ同然で譲ってくれたのです。状態は言うだけあっての物でしたが、それでも次の次の車検の前まで使い続けました。その間にディスクブレーキが壊れて修理に意外な出費を強いられましたが、とにかくその車のお蔭で実地の運転を覚えることが出来ました。

次は日産の赤いスポーツカーを近所の中古車で見つけて、合計6年乗り続けました。十分な手入れを出来るだけの金銭的な余裕が無いため、宝の持ち腐れのようにも思いましたが、とても良く走ってくれました。ただ、最初からクーラーに難点があって、ガスの心配や修理用の部品が届くまでの間に不自由したという苦い思い出もあります。

3台目はトヨタの高級車となりました。大規模な中古車センターで見つけた格安の逸品でした。車内の内装は今まで乗ったどの車よりも良く、広さも十分でした。ハンドルのステアリングも良く、この車では良く遠距離のドライブに出かけましたが、その乗り心地の良さからか、運転が苦痛になるなどいう事を感じたことは一度も無かったくらいです。この車は現在までの最長の8年間乗りました。資金難だったのは同様で、車に対して「すまない」と心の中で詫びながらハンドルを握り続けました。

そして現在です。4台目の現役は日産に戻って、このメーカーを代表するスポーツカーになりました。実はこの車を選ぶまでは様々な紆余曲折があり、納車の日時が前のトヨタ車の車検の前日という滑り込みセーフの状態で、ひやひやしながら車選びをしたことを思い出します。

さすがにこの車は言うことがありません。オーディオも充実しています。ETCは前の車から搭載していましたが、カーナビという物を使ってみたのはこの車が初めてでした。マニュアルを読むのが嫌いな私は当てずっぽうで操作を覚えましたが、便利な道具だとは思いました。律儀なこの装置は目的の分岐点を通り過ごしてもすぐに新しい道路検索をしてくれますが、それが必ずしも好適な道だとは限らないことを直感しました。ですので全幅の信頼を置かずに参考程度に現在は考えています。やはり道というものは、自分の頭で覚えて判断するという方法が私には適っていると思いますから。

思い起こせば、仕事で使用した屑鉄同然の軽自動車、4トントラックから、ふとしたことから知り合いになった人の所有していたベンツのSLクラスまで様々な車を運転しました。ベンツのハンドルを握った時は靴を新品に替えて髪の毛で車内を汚さないように野球帽まで用意した気の入れようでした。ただし、期待したほどの素晴らしい車だとも思えなかったというのが素直な実感です(何度も固辞したのに、半ば無理やり乗せられたような経緯のせいかもしれません)。

でも、やはり新車に心惹かれます。実はリース制度で新車を「借りる」制度もあったのですが、諸々の事情により現在のスポーツカーとなったのです。

ですが、いつかは新車を我が手にしてみたいものです。

昨年内に無事に車検を済ませて当分の間は心配の種は消えました。運転に専念できますね。

あ、いかん。もうすぐ保険の満了だ!

愛着のあった車を売却してしまいました。

私は今から3年前、それまで乗っていた8人乗り3列シートのミニバンタイプの車を中古車買取専門会社に売却しました。

私は妻と小学5年生の娘、それから小学3年生の息子とともに4人で暮らしているのですが、今後の子供たちの成長を考えて、少しでもゆったりした車に乗りたいと思い、ミニバン車を利用していました。それに、自宅から近くに妻の両親も住んでおり、たまにいっしょにこの車でドライブもできていたので大変愛着はありました。

そんな車を売却しなくてはいけなくなったのには理由があります。

私と妻は共働きなのですが、私は以前から、通勤の際にこのミニバンを利用していたのですが、妻は電車通勤で会社へ通っていました。ところが、妻の会社が車でないと行けないところに移転となったため、我が家ではもう一台車を所有する必要が出てきたのです。

車を二台所有するには当然維持費もかかります。当初は単純にもう一台を買い足すつもりでいたのですが、燃費や維持費のかからない車を一気に二台買った方が、長い目で見れば節約できることが分かり、しぶしぶミニバンを売ることになったのでした。

車を購入するカーディーラーに下取りをお願いしようかとも思いましたが、友人からカーディーラーより中古車買取専門会社に査定してもらった方が高値がつくとアドバイスされ、私がまずネットで一括査定に申し込みました。
参考サイト>>>http://kurumakaikaeguide.com/

私が査定してもらったのは4社です。4社ともネット上で簡易的な査定がああり、その後翌日からメールや電話で車の詳細に関する問い合わせをいただきました。

そして、再度査定をしてもらったのですが、この時点で最高値と最安値で約15万円ほども開きが出たことに私は驚いてしまいました。

その後、高値を付けてくれた2社だけを自宅に招き、今度は実際に車を見ながら査定してもらいました。

私は業者が自宅に来る前日までに、車内外の清掃をきちんと行ない、自分で直せる傷も修繕しました。

査定当日、私は2社に相見積もりであることを告げましたが、2社とも競合先の査定額が気になるようで、何度も私に問い合わせがありました。

結局、ミニバンタイプの中古車の買い取りに力を入れていたA社が一番高値を付けてくれたため売却したのですが、私が想定していたよりもはるかに高い査定額をつけてくれたため、二台の車購入費の足しにはかなりなりました。

気に入っていた車を売却してしまったことに残念な思いはありましたが、新たな生活もスタートすることができ、今ではよかったと思っています。

運転歴まもなく30年

間もなく運転免許取得から30年になります。

私の自動車教習時代はMTからATへの過渡期で、MT車のギアチェンジが上手く行かずに非常に苦労した経験があります。運転そのものに特に問題があったわけではありません。縦列駐車、車庫入れ、坂道発進、クランク、S字カーブ等々、どれも問題無くこなせたのです。ただ、停止後のギアチェンジという点だけはどうしても解決しない問題として苦労しました。

今考えるととても簡単な理由でした。車を運転するということだけに心が固まってしまい、ギアをどうしてもLに入れ忘れてしまうのです。当然エンストが起こり、車は期待通りには走ってはくれないのです。隣に座っている教官は何も言ってはくれません。あの時はそれが不満でしたが、狭い教習所の中でさえ悪戦苦闘しているのだから、とても仮免許で外の公道を走らせるわけには行かなかったのでしょう。私が自発的にギアチェンジが行えるようになるまで相当苦労しました。

それでも段階ごとに落ちまくった苦労も実を結びました。第3段階で10回近く見極めで落ち続けたものの、仮免許の試験では1回合格出来ました。これは本当に嬉しかった。やっとこれで公道を走ることが出来る。それまでの停滞の重い気持ちが雲散霧消する時となったのです。

それからは割合簡単でした。最終の第4段階は1回しか落ちることはあありませんでしから。あれだけ苦手だったギアチェンジも行えるようになり、教習所から出ることが楽しみになりました。仮免許で公道を走ることについての不具合も恐怖も感じることが無かったのは、慎重に運転を行えるように心掛けたことが大きかったと思います。

当時はAT車がとても少なく、授業でもAT車運転という課目があったくらいですから。その教習所には無線車も用意されていおり、3回の乗車がプログラムとして組まれていたのですが、私は1回乗っただけで免除されることになりました。ですが、そのことに関する不満はありませんでした。仮免許までにそれをクリアする自信がなかったことも事実なのです。

これらも全てAT車なら、問題無く行えていただろうと思ったことが正直あります。発進時のエンストさえなければ…。ですが校則は校則なのです。悔しい思いを胸に抱いた日々が続き、ようやく卒業間近となりました。

器具はしていたものの、卒業検定も一発で合格できました。私は教習生手帳に独自の印を付けていたから、合格者の手帳を担当教官が持って来た時、一目で結果がわかり、氏名を読み上げられる間やきもきすることなく自分の番を待つことが出来ました。

その後AT限定免許という制度も出来て、さらに現在ではMT車を見つけることの方が困難になるくらい、時代は変わりました。

現在、私は当然AT車に乗っています。事情があって免許取得から5年以上ハンドルを握る機会に恵まれませんでしたが、合格後最初に乗った車もAT車でした。でも自分でも意外なくらいに落ち着いて運転できたのはやはり苦労して免許を取得したことが大きいのでしょう。

もう一度MT車に乗りたい、などということは決して思いませんが今となっては良い思い出となったようです。

都市部ではカーシェアが合理的

都市部では車の利用頻度は少なくなりますが、やはり必要になる時があります。
そんな時にスムーズに車を利用できるのがカーシェアです。
利用料金もあまりかからない上、駐車場やメンテナンスの心配も要りません。

私の車を所持しない理由

私は神戸市内に住んでいます。引っ越してきた当初は車を所持しておりましたが、自宅近辺は交通機関が充実している上、徒歩圏内に複数のスーパーが有り、車を利用する機会が減りました。
それに、自宅マンションには駐車場がなく、月に2万円もする駐車場を借りなければならないこともあり、車を手放すことにしました。
以後、車なしの生活をしてますが特に困ることはありません。
例えば、ホームセンターで嵩の大きい買い物をしても軽トラの無料貸出があるので困りません。

しかし、どうしても必要な時はあるものです。そんな時はレンタカーを利用していましたが、手続きが面倒に感じていまいた。

カーシェアを利用し始める

しかし、この数年、田舎の両親が年を取ってきたので帰省する機会が増えてきました。以前、帰省する時は実家から離れた最寄り駅まで両親が車で送り迎えしてくれましたが、それも段々と難しくなってきました。

そんな中、近くにカーシェアのステーションが自宅近くに出来ました。
入会費は無料で月会費が1000円、利用料金もリーズナブル(例えば、15分約200円←ガソリン代込み)だったので入会して利用することにしました。

カーシェアは便利

現在、自宅の周囲には徒歩5分圏内にステーションが4ヶ所もあり、車種も豊富(ヴィッツ、スイフト、ノート、デミオ、インプレッサ、ソリオ、アクア、mini)でトータル11台も待機しています。
利用目的、目的地までの距離、車の好みなどに応じて選択できます。
また利用したい時に空いている車がないと困ったことはありません。
予約もスマートフォンのアプリが用意されていて簡単に出来ます。
待機している車は常にメンテナンスしてあるので、故障や不具合、ガソリンの不安はありません。
利用は15分単位で借りることが出来るので、ちょっとした買い物にも便利です。
ステーションによっては最大60時間も借りることが可能です。
ちょっとした旅行や帰省に使う上では不便は感じません。

必要に応じてレンタカーも利用

都市部に住んでいると車の利用頻度は少なくなるので、維持費やメンテナンスの手間などを考えるとカーシェアを利用するほうが効率的なわけです。

しかし、長期の利用やスタッドレスタイヤ装備が必要なときがあります。
そんな時はレンタカーを利用すればいいわけです。
例えば、私の実家は北の山間部にあるため、冬場はスタッドレスタイヤがほしくなります。

そんな時はレンタカーのオプションサービスを利用します。
私の利用しているカーシェアと同じ系列のレンタカーを利用すれば、割引サービスがあったり、ポイントを共有できるメリットもあります。