都市部ではカーシェアが合理的

都市部では車の利用頻度は少なくなりますが、やはり必要になる時があります。
そんな時にスムーズに車を利用できるのがカーシェアです。
利用料金もあまりかからない上、駐車場やメンテナンスの心配も要りません。

私の車を所持しない理由

私は神戸市内に住んでいます。引っ越してきた当初は車を所持しておりましたが、自宅近辺は交通機関が充実している上、徒歩圏内に複数のスーパーが有り、車を利用する機会が減りました。
それに、自宅マンションには駐車場がなく、月に2万円もする駐車場を借りなければならないこともあり、車を手放すことにしました。
以後、車なしの生活をしてますが特に困ることはありません。
例えば、ホームセンターで嵩の大きい買い物をしても軽トラの無料貸出があるので困りません。

しかし、どうしても必要な時はあるものです。そんな時はレンタカーを利用していましたが、手続きが面倒に感じていまいた。

カーシェアを利用し始める

しかし、この数年、田舎の両親が年を取ってきたので帰省する機会が増えてきました。以前、帰省する時は実家から離れた最寄り駅まで両親が車で送り迎えしてくれましたが、それも段々と難しくなってきました。

そんな中、近くにカーシェアのステーションが自宅近くに出来ました。
入会費は無料で月会費が1000円、利用料金もリーズナブル(例えば、15分約200円←ガソリン代込み)だったので入会して利用することにしました。

カーシェアは便利

現在、自宅の周囲には徒歩5分圏内にステーションが4ヶ所もあり、車種も豊富(ヴィッツ、スイフト、ノート、デミオ、インプレッサ、ソリオ、アクア、mini)でトータル11台も待機しています。
利用目的、目的地までの距離、車の好みなどに応じて選択できます。
また利用したい時に空いている車がないと困ったことはありません。
予約もスマートフォンのアプリが用意されていて簡単に出来ます。
待機している車は常にメンテナンスしてあるので、故障や不具合、ガソリンの不安はありません。
利用は15分単位で借りることが出来るので、ちょっとした買い物にも便利です。
ステーションによっては最大60時間も借りることが可能です。
ちょっとした旅行や帰省に使う上では不便は感じません。

必要に応じてレンタカーも利用

都市部に住んでいると車の利用頻度は少なくなるので、維持費やメンテナンスの手間などを考えるとカーシェアを利用するほうが効率的なわけです。

しかし、長期の利用やスタッドレスタイヤ装備が必要なときがあります。
そんな時はレンタカーを利用すればいいわけです。
例えば、私の実家は北の山間部にあるため、冬場はスタッドレスタイヤがほしくなります。

そんな時はレンタカーのオプションサービスを利用します。
私の利用しているカーシェアと同じ系列のレンタカーを利用すれば、割引サービスがあったり、ポイントを共有できるメリットもあります。