運転歴まもなく30年

間もなく運転免許取得から30年になります。

私の自動車教習時代はMTからATへの過渡期で、MT車のギアチェンジが上手く行かずに非常に苦労した経験があります。運転そのものに特に問題があったわけではありません。縦列駐車、車庫入れ、坂道発進、クランク、S字カーブ等々、どれも問題無くこなせたのです。ただ、停止後のギアチェンジという点だけはどうしても解決しない問題として苦労しました。

今考えるととても簡単な理由でした。車を運転するということだけに心が固まってしまい、ギアをどうしてもLに入れ忘れてしまうのです。当然エンストが起こり、車は期待通りには走ってはくれないのです。隣に座っている教官は何も言ってはくれません。あの時はそれが不満でしたが、狭い教習所の中でさえ悪戦苦闘しているのだから、とても仮免許で外の公道を走らせるわけには行かなかったのでしょう。私が自発的にギアチェンジが行えるようになるまで相当苦労しました。

それでも段階ごとに落ちまくった苦労も実を結びました。第3段階で10回近く見極めで落ち続けたものの、仮免許の試験では1回合格出来ました。これは本当に嬉しかった。やっとこれで公道を走ることが出来る。それまでの停滞の重い気持ちが雲散霧消する時となったのです。

それからは割合簡単でした。最終の第4段階は1回しか落ちることはあありませんでしから。あれだけ苦手だったギアチェンジも行えるようになり、教習所から出ることが楽しみになりました。仮免許で公道を走ることについての不具合も恐怖も感じることが無かったのは、慎重に運転を行えるように心掛けたことが大きかったと思います。

当時はAT車がとても少なく、授業でもAT車運転という課目があったくらいですから。その教習所には無線車も用意されていおり、3回の乗車がプログラムとして組まれていたのですが、私は1回乗っただけで免除されることになりました。ですが、そのことに関する不満はありませんでした。仮免許までにそれをクリアする自信がなかったことも事実なのです。

これらも全てAT車なら、問題無く行えていただろうと思ったことが正直あります。発進時のエンストさえなければ…。ですが校則は校則なのです。悔しい思いを胸に抱いた日々が続き、ようやく卒業間近となりました。

器具はしていたものの、卒業検定も一発で合格できました。私は教習生手帳に独自の印を付けていたから、合格者の手帳を担当教官が持って来た時、一目で結果がわかり、氏名を読み上げられる間やきもきすることなく自分の番を待つことが出来ました。

その後AT限定免許という制度も出来て、さらに現在ではMT車を見つけることの方が困難になるくらい、時代は変わりました。

現在、私は当然AT車に乗っています。事情があって免許取得から5年以上ハンドルを握る機会に恵まれませんでしたが、合格後最初に乗った車もAT車でした。でも自分でも意外なくらいに落ち着いて運転できたのはやはり苦労して免許を取得したことが大きいのでしょう。

もう一度MT車に乗りたい、などということは決して思いませんが今となっては良い思い出となったようです。